taro.tsuruga@webinar-c-lab.com/ 10月 17, 2018/ セミナー, マインドセット, 行動, 行動, 講演/ 0 comments

 

最近、「行動」をテーマにした講演やセミナーを頼まれることが増えてきました。

 

元々アクティブなので僕のことを「行動を起こせる人」と
思っている人も多かったと思うのですが、
実は「行動的」というのと「行動を起こせる」というのは全然違うものなんですよね。

そして僕は「行動的」ではあるものの、
まったくもって「行動が起こせない人」でした。

薄々とそのことには気づいてはいたのですが、
「いや、オレは行動的だ!」と自分に言い聞かせて
「行動を起こせない自分」を認めずにいたんですよね。

 

でも僕自身が行動を起こせない人だということに気づいて、
どうして行動が起こせなかったのかということと真摯に向き合って、
それを受け入れたら色々変わってきました。

そしてついには「行動をまったく起こせなかった」僕が、
「行動」に関する講義をするようにまでなったのです。

 

もっとも生まれつき「行動を起こせる」人が、
必ずしも「行動」を教えるのに適しているとは限らないんですよね。

名選手必ずしも名監督ならず、というか。

 

長嶋さんがかつて記者に「どうしてそんなに打てるんですか?」と
訊かれたとき、

「こうやって来たボールをですね、バーン!とこうやって打つんですよ」と
ジェスチャー混じりに話したとか話していないとかいう都市伝説がありますが、
できる人は何も考えなくても感覚的にできちゃうんですよね。

 

それに対してできない人は一生懸命考える。

そう、モテなくて失恋続きだったスタンダールが
「恋愛論」を書いて、
大きな支持を得たように。

 

というわけで、
これからブログで少しずつ
「行動」について思うことを書いていこうと
思います。

 

では!

 

Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*