何もしていないのに突然英語が上手くなっていた理由

taro.tsuruga@webinar-c-lab.com/ 12月 11, 2017/ ウェビナー, プレゼンテーション, マインドセット, 副業, 未分類, 起業/ 0 comments

先日、グアムの銀行に電話をしなければいけない案件がありました。

Skypeで国際電話をかけて、普通に要件を話して、通話を終了してから気づいたんです。

 

「やっぱり英語が上手くなっている」と。

 

一応ご存じない方のためにお話をしておきますと、僕はもともと日本人としては英語は喋れる方です。少なくとも10年間アメリカ圏でビジネスをする程度には喋れますし、小さい頃NYに住んでいたので発音も日本人としてはかなりいいです。ネイティブだと間違えられることもあります。

でも発音がいいだけで、実はネイティブでもなんでもなく僕の英語のほとんどは大学受験とその後、社会に出て外資系企業に働くようになって身につけたものなんです(帰国子女といってもMaxの英語力は日本に帰国した7歳児のものだったわけですからね)。

だからまだまだ英語はうまくなる余地があるので、上手くなっていることは少しも不思議ではないんです。

不思議なのは、
英語をまったく勉強していなかったのに上手くなっていたことなんです。

グアムで毎日ビジネスで英語を使っていたときよりも上手くなっていたんです。

 

でも「ひょっとしてそうなんじゃないか」という予感もありました。だからこそ「やっぱり」という言葉を使ったんです。

 

あまりもったいぶらずにいうと、今あるプレゼンテーション・プログラムのお手伝いをしており、そのお手伝いを通じて英語が上手くなったんです。

 

もう少し詳しく説明すると、そのプレゼンテーション・プログラムはLEP-Aハイ・インパクト・プレゼンテーション講座というものです。

これ、企業向けの研修・コンサルティングを行っているFMアカデミーの中村代表が開発したプログラムなのですが、元々は企業のエグゼクティブ向けに開発されているということもあり、単にカッコよくプレゼンするというものではなく、目的意識をもったプレゼン、具体的にいうとクロージング(成約)を意識したもので、営業が強くなるプレゼンテーション講座として有名なものでした。

 

これを一般にも広めようということで今お手伝いをさせてもらっているんです。

そのためにこのプログラムに関する勉強をしたり、プレゼン資料を作っているうちに英語が上手くなったんです。

 

念のため断っておきますと、このプログラム、英語は一切使いませんよ。

それでも英語が上手くなったのはなぜでしょう?

 

そのためにはまずこのプログラムの構造をしってもらった方がいいと思うんですけど、ざっくり言うとLEP-Aハイ・インパクト・プレゼンテーション講座は、「わかりやすく伝える方法」「マインドセット」の二本立ての構成になっています。

 

この二つのうち、僕の英語を上手くしてくれたのはどちらの学びだったかわかります?

 

わかりやすく伝える方法? だから話す英語の構成がクリアになった?

ハズレです。

 

正解は、マインドセットの方なんです。

 

先程も書いたとおり、実は僕はある程度英語が喋れます。

だから、こちらの言いたいことを伝えるのはある程度できるんですね。

 

ただネイティブじゃないので準備ができていないことについて急に聞かれると、慌ててしまうことがあったんです。そしてアタフタしてしまう。平たくいうとテンパっちゃってたんです。

 

これは僕が勝手に思い込んでいることじゃなくて、昔から姉貴(彼女はアメリカに行っていた時期がよくて、ほぼネイティブなんです)から「慌てて喋らなくていいから」とたしなめられていたり、ネイティブじゃない妻からも同じような指摘を受けたりしていたので間違いないと思います。

 

ところがこの前グアムの銀行と話したときはこれが完全になかった。
余裕を持って話すことができたんです。

 

というのも、LEP-Aでは、プレゼンテーションをする相手から「合意」を引き出すことを何よりも重視していて、そのための一番大きなポイントとして「心の天気を晴れに保つ」ということを強調しているんです。

心が晴れやかでいる限りは、なにか予期せぬこと、たとえば決まると思っていた営業先で予想外にも断られたとか、があっても対処できるんです。

 

でも心の中に雨が降っていると、その途端に反応してしまって落ち込み、その場で解決すべき課題に立ち向かえないからです

これはプレゼンテーションにおいて、本当に大切なんですね。

 

そのことを何度も資料を作ったりしているうちに徹底的に頭に叩き込まれ、自分自身でもそういうマインドセットができた上がってきました。

 

するとアラ不思議!

英語を喋っていても、相手の言っていることが聞き取れなくてもわからなくても慌てずに、堂々と話しをすることができるんです。

電話が終わった後、隣で聞いていた妻に思わず聞いてしまいました。

「オレ、英語うまくなってない?」

 

妻も気付いており「そうね」と言ってたんですよね。

 

いや〜、不思議ですよね。

 

「それは元々英語が喋るれるからでしょ」というかも知れません。そして実際そのとおりかも知れませんが、日本人は基本的に基礎英語力の高さのわりには英語が上手く喋れないのは、絶対このマインドセットの部分があると思うんです。

そもそも「英語が喋れるようになるためにLEP-Aを受けろ!」と言っているわけではなく、心の天気が晴れであることの大切さを皆さんとシェアしたいんですよね。

 

これ、絶対英語だけじゃなくて、人生、生活のあらゆるところで大きな影響を及ぼしてくる話だと思うんです。

 

皆さんも是非、一度強く意識してみてくださいね。

 

ちなみにLEP-Aの内容については、僕がエッセンスをまとめた無料ウェビナー(動画講座)がありますので、興味があったら見てみてください。

無料ウェビナー「営業・交渉で100%結果を出すコミュニケーションスキル講座」

 

それでは皆さん、本日もドピーカンの心でいきましょう!

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*