【連載①】ウェビナー・マーケティング集中講座〜エピローグ:アメリカのマーケターたちがウェビナーに夢中なわけ〜

taro.tsuruga@webinar-c-lab.com/ 10月 2, 2017/ ウェビナーマーケティング集中講座/ 0 comments

ウェビナー・マーケティング集中講座 【エピローグ】
アメリカのマーケターたちがウェビナーに夢中なわけ

 

はい、こんにちは。
ウェビナーCラボの鶴賀太郎です。

 

〈ウェビナー・コーチに対する三つの反応〉

僕は職業を尋ねられると「ウェビナー・コーチをやっています」って答えるんですけど、それを聞いた人の反応は大きく三つにわけられるんですよね。

 

一番多いのは「ウェビナーってなんですか?」と聞いてくる人。

マーケティング、とくにウェブマーケティングをやられている人にウェビナーという単語を聞いたことのある人は多いと思うのですが、おそらく日本人全般の「ウェビナー」という単語の認知度は1桁パーセントなんじゃないかなというのが肌感覚です。

ですから「ウェビナーってなんですか?」というのはとても素直な反応ですよね。

 

次にあるのが

「ああ、興味あるんですけど、まだ実施のレベルまでは行っていないんです」という方。

まだまだ日本にはウェビナー開催の手引のような書物もほとんどないですから、ウェビナーについての話を聞いていても、自分でスクラッチからウェビナーをやってみようと思う人はまだまだ少ないのは当然です。

そう考えると、この反応もとても素直な反応です。

 

そして最後のタイプが、

「私ウェビナーならやったことありますけど」という人。

文字面だけだと伝わらないかも知れないんですけど、
イメージとしては
「私はウェブマーケティングはかなりアドバンスなのよ。あなたみたいな人に聞かなくてもわかっているんで、セールスとかかけないでよね」

みたいな感じです。ちょっくらマウンティングも入っています。

 

〈日本のウェビナーはブルーオーシャン〉

でね、今まで多くの人の反応を見てきて気づいたことがあるんです。
それはこの三つのタイプの人に共通点があるということです。

それは「ウェビナーの本質を誰もわかっていない」ということです。

おっと、気づいてしまいました?なかなか鋭いですね。

全体が三つにわけられて、その三つのカテゴリーに共通点があるということは、全体の共通点だってことですよね。

つまり誰も「ウェビナーの本質をわかっていない」って。

そうなんですよ。

日本ではまだまだウェビナーの本質が理解されていないんですよ。

実際に開催したことのある人でもまだまだわかっていないんです。

 

まあそれも仕方のないことです。

肌感覚でいうと、日本で耳の早い人がウェビナーに注目しだしたのが2016年。

実際にウェビナーを色々な人がどんどん開催するようになったのが2017年になってからで、まだまだ試行錯誤の段階を出ていないものが多いんです。

逆にいうと、まだまだ日本におけるウェビナーマーケットはブルーオーシャンなんです。

これから日本マーケットも試行錯誤を繰り返して徐々に洗練されていくのでしょう。
でもそれを待たずにアメリカではもうすでにかなりマーケティング手法として確立されているんです。

ならそのアメリカのナレッジから学ばないのはバカバカしい。

というわけで、今日から皆さんにウェビナー・マーケティングとは何かということを少しずつお伝えしていきたいと思います。

 

〈ミリオネア続出のアメリカのウェビナー〉

先程アメリカではウェビナーはすでに確立されたマーケティング手法だというお話をしました。

実際2012年くらいにはかなりスキームも成熟しているんです。

だからウェビナーを使った成功者もすでにたくさんでています。

たとえばPodcastマーケティングで有名なJohn  Lee Dumasさんは、2015年に50回のLiveウェビナーを行い、それらウェビナーを通して$1.5ミリオン(1.8億円)を売り上げています。

Podcasting マーケティングのJohn Lee Dumas

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恋愛問題のコンサルティングをするリレーションシップコーチのTerri Coleさんは、1回のウェビナーで44万ドル(5200万円)の売り上げを上げています。

Relationship coach のTerri Coleさん

 

 

ソーシャルメディア・マーケターとして活躍するAmy Porterfieldさんは、ウェビナーを自動化(エバーグリーン化)して、毎日コンスタントに2000−3000ドルの売り上げを手にしています。

 

OnlineマーケティングコーチのAmy Porterfieldさん

えっ?インターネット動画を使って億単位を稼ぐ人がいるの??

そうなんです。
億単位のお金を稼ぐ人がいるんです

 

だからアメリカのマーケターたちはウェビナーに夢中なんです。

 

でも一体全体どうやったらそのようなことが可能なの?

 

本講座では、これから10回(たぶん)かけて、ゆっくりと丁寧にその疑問に対してお答えしていきますので楽しみにしていてくださいね!

それではまた次回!!

鶴賀太郎
ウェビナー・コーチ/プレゼンテーショントレーナー/ライター

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*