アメリカ人だってプレゼンは嫌いなんだ。

taro.tsuruga@webinar-c-lab.com/ 8月 7, 2017/ プレゼンテーション, 副業, 未分類, 起業/ 0 comments

はい、こんにちは。
ウェビナーCラボの鶴賀太郎です。

アメリカ人って本当にプレゼンうまいですよね。

スティーブ・ジョブズはいうに及ばず、TEDとか見ていても本当に上手い人が多い。

そういうと
「アメリカ人は、小さい頃から人前でプレゼンする教育を受けているから全然違うんだよ」
ってみんないいますよね。

確かにその通りなんですけど、そういう教育を受けていても人前でプレゼンするのは好きじゃない人の方が多いんです。

ワシントン・ポストによると、アメリカ人の恐怖症の第一位はPublic Speaking、つまり人前でプレゼンをすることということです。

高所恐怖症よりも、閉所恐怖症よりも、先端恐怖症よりも、おばけ恐怖症よりも、ゾンビ恐怖症よりもプレゼン恐怖症

アメリカ人だってプレゼンはしたくないんですよね。

 

じゃあなぜ実際にみる彼らのプレゼンはあんなに上手いのか?

 

それは彼らがきちんとトレーニングを受けているからなんです。

アメリカの大企業のトップにとってプレゼンは必須中の必須です。

だから若い頃から意識的にプレゼンのトレーニングを積んでいる人も多いですし、MBAの選択科目でプレゼンを取る人も結構います。

 

要するにちゃんと訓練しているから上手いんですよね。

 

となると、そのトレーニングはどんなものか気になりますよね?

 

実は、グローバル企業のトップが受けるようなプレゼンテーションスキルのコースを受けたことがあるんです!

しかも日本で。

 

そのコースを開いているのが中村正光さんが主催しているFMアカデミー

中村さんは元々は外資系の製薬会社の社長をやっていたのですが、社長リタイア後に企業のマネジメントのサポートをしている中、トップマネジメントの必須スキルとしてプレゼンテーションも教えるようになったとのこと。

 

そのコース、僕も一度ニューオータニで開催されたものを受講をさせてもらったことがあるのですが、これが素晴らしい!

 

自らが企業のトップとしてビジネス上セールスピッチも含めた様々なプレゼンテーションをされてきただけあり、クロージング(成約)を明確に意識したコース内容で、Ahaモーメントの連続でした。

 

受講者も企業の社長、上場企業の人事部長、コンサルタントなどと錚々たる面々で、皆さん一般のレベルから考えたらびっくりするくらいのプレゼン巧者なのですが、彼らのプレゼンも中村さんの日本人離れしたバリトンボイスによるコーチングにかかるとフォーカスがグッとシャープになってくるんです。

 

グローバル企業のトップもきっとこういうプレゼン虎の穴みたいなところでガッツリ学んでいるからこそ、あれだけプレゼンが上手いんですね。

 

えっ、もう少しプレゼンのポイントを教えて欲しいって?

 

そりゃそうですよねw

僕が受けたコースも一日がかりのコースなので、それを全部ここでお伝えしきれないのですが、ひとつ大きなヒントを。

 

プレゼンの目的ってなんだと思います?

 

こちらのサービスを伝えること?
製品やサービスの魅力を余すことなく伝えること?
ズバリ、成約に結びつけること?

 

どれもそれなりに説得力がありますが、もっと根本的な目的があるんです。

 

聞きたいですか?

 

 

そりゃ聞きたいですよね。

 

 

それは、

 

 

 

合意形成なんです。

 

「うちのサービスはこういう内容ですけど、そのことに疑問・質問はありませんか?」
「うちの商品・サービスの魅力はこういうことですけど、その点については同意していただけますか?」
「うちのサービスは御社にとって有益だと思っているのですが、ご同意頂いて導入をご検討頂けますか?」

 

そう、プレゼンの目的はどんな場合でも合意形成なんです。

 

プレゼンの全編を通じて、そのことをきちんと意識できていないとプレゼンの内容がボケちゃう。

そういうことです。

 

もちろん具体的なスキルも色々と教えてくれます。

 

プレゼンにおける、ロゴス、エトス、パトスといった話とか。

でもここでそれだけ聞いてもわけがわからないですよねw

ここでは説明しきれないので興味のある人は是非コースを受けてみてください。

 

といっても現在、企業向け研修以外の一般向けの公開講座は不定期であっという間に満席になってしまうので、興味のある人はご紹介しますのでメッセージくださいね。

 

これからは個人の時代

それだけに個人のプレゼンテーションスキルが重要性を増していくことは間違いないというのが、プレゼンテーションスキルを教えている中村さんとウェビナーをコーチングしている僕の共通見解。

そうした問題意識を持っている方をサポートできるように、今中村さんと一緒にプロジェクトを行おうと計画しています。

そちらも具体化したらまた改めてご報告しますね!

 

ではまた明日!

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*