あなたのプレゼンが下手な理由

taro.tsuruga@webinar-c-lab.com/ 4月 4, 2017/ ウェビナー, プレゼンテーション, 副業, 起業/ 0 comments

【居眠り大国ニッポン】

日本の高校生は居眠りが多い。

少し前にそんなニュースが話題になりました。

これは国立青少年教育振興機構が行った日米中韓
4カ国の高校生の実態のリサーチ結果です。

先生が黒板に書き、生徒が必死でそれをノートに
写し取る。

今から四半世紀以上も前、私が高校生だった頃の
授業風景はそうでしたが、どうやら今も大して
変わっていないようです。

その証拠に、同調査の授業中の行動などを問う質問で、
「きちんとノートをとる」という項目で「よくある」と
答えた割合が79.4%と4カ国で最高でした。

一見よさそうに聞こえるデータですが、要はノートだけ
必死で写しているだけの受け身の授業態度なので、
ついつい眠くなり居眠りをしてしまうということです。

アクティブラーニング、アクティブラーニングと
叫ばれていますが、実態はそんなものです。

そんな私たち日本人がプレゼンが上手な訳は
ありませんよね。

だって、自分の意見を聞いてもらおう、わかって
もらおうと思って発言してきていないのですから。

「しょうがないよね。だからオレ、プレゼン下手でもOK!」

ブー、そのマインドだとあなたのキャリアは
終わってしまいます。

先ほどアクティブラーニングはまだまだ浸透して
いないといいましたが、他方では着実に進んで
きてはいます。

こちらの動画をご覧ください。

ご覧頂けましたか?

もし観てなかったら絶対観てください。

これは当時中学生だった山本恭輔くんの
プレゼンテーションです。

内容の素晴らしさにも触れたいのですが、
ここでは割愛するとして、プレゼンそのものも
驚くほどの上手さです。

こういう若者が育ってきています。

あなたが長年のキャリアに自信を持っていても、
ちょっとプレゼンでもたもたしているうちに
山本くんのようなスーパー新入社員に仕事を
もっていかれるかも知れないのです。

今から10年くらい前までは、まだ
「オレはパソコンとかメールとか、そんな
血の通っていないことはできなくてもいい」
とうそぶいていたオジサンが沢山いましたが、
彼らは駆逐されるか、両手の人差し指で一生懸命
キーボードを見ながら格闘しないと、交通費の
精算さえできない時代になってしまいました。

プレゼンも一緒です。

あれだけ上手いプレゼンができる中学生がいる
時代、プレゼンが苦手というだけで不当な過小評価を
受けることになるかも知れません。

ただどれだけプレゼンが苦手だと思っている
人でも、数をこなせば確実にうまくなります。

さらにちょっとしたコツと心の持ちようを変えれば
格段にうまくなります。

でもそんなにたくさんプレゼンをする機会が
ないよ、ですって?

いえ、すべてのコミュニケーションがプレゼンです。

そしてそのプレゼンテーションが伝えるのは
あなた自身の人となりです。

ウェビナーCラボは、あなたのプレゼンテーションの
可能性を広げるベストパートナーです。

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*